こんばんは 困った

 

キャブ組み付けに関しては とくに 慎重にやったつもり でした。

 

 

再度 キャブを取り外してみると ヘッド面とキャブ面の間にあたるガスケットが オイルで

 

「ベット ベトー。」   たかだか10分から15分ぐらいアイドリングさせただけでー。

 

もし このままクルマを動かすようなことになってたら・・・  ひへー。  やめてくれー。

 

 

確かに ヘッドカバーの真横にあるんです。

 

DSCN2370

 

 

そうです。 赤いヘッドカバーのM8のナット2個と キャブを固定しているM6のナット2個、

 

この4個ともが 締め付けトルク不足です。

 

 

それでは 言い訳です。

・キャブ固定のM6ナットは 非常に締め付けにくい。 メガネが使えない。 スパナがやっと。

 メガネレンチを使ったときの締め付けの感触はなんとなくあっても スパナで重要なところを締めたことがない。

・ヘッドカバーのM8ナットは ナイロン付のもので いつもと感触が違う。

 また ガスケットも分厚くて これまた締めた感じが分かり難い。

 

 

 

こちらは プラスチック製の インテークマニです。

 

DSCN2354

 

経年変化のため ヒズミが発生してて 締め付けてもピッタリ合いません。

 

2次エアーを吸いそう。  取り敢えず 液体ガスケットで誤魔化すか。

 

 

 

 

 

DSCN2371

 

ボルト座に わずかなクラック発見。

 

潔く 新品に交換したいとこですが   

 

 

 「う~ どうしようかな。  あ~ 5000円か。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Secret

TrackBackURL
→http://kirape.blog.fc2.com/tb.php/194-fe5160d2